お料理・北欧・洋服大好きな姉妹が提案するエプロンブランド・Lovikka(ルーヴィッカ)の日常を綴っています。


     
ルーヴィッカオリジナルのラッピング
こんばんは。

熊本市東区東野のエプロン屋さんルーヴィッカです。

ルーヴィッカエプロンのギフトラッピングは、オリジナルの布製の袋にお入れいたします。


エプロン製作も忙がしいけど、このラッピング用布袋製作も大忙し。(担当姉)

贈り物オンパレードな毎日です(^^)




予告   今週土曜日に新作ネットショップにアップします。
今からの季節にぴったりなリネンシリーズと、『母の日ギフト』にもおすすめな大人に大人気の巾着バッグが揃います。
時間はまた後でお知らせいたしますね☆
posted by YOKO | 21:43 | ルーヴィッカのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
Lovikka2歳。
現在夜の23時ちょっとすぎ。

あと1時間後の3月1日でLovikka2歳の誕生日です。

2年前の3月1日にひっそりこっそりネットショップオープンしました。

初めはネットショップだけでしたが、現在はお取扱いショップ様、製作スタジオ2Fapron room 、

不定期ですが展示会してくださーいって言ってくださるギャラリー数か所&パン屋さん。

あっという間の2年でしたがたくさんの方々に支えていただき2歳を迎えることができそうです。

そして、2歳になったLovikkaまだまだまだまだ進化します。

主に縫製担当妹サッコはまだまだ縫製について勉強中。

『ポケット』の縫いかただけが書かれた専門書を真剣に読んでいます。

たかがエプロンですが、ポケット一つにもこだわりたいのです。

パッチ、片玉、箱ポケット。

生地やデザインに合わせて使い分けたいし、何より使っていただくお客様が使いやすいように、

今でも製作しながら試行錯誤は欠かせません。

一発勝負は怖いから、別の布でサンプル作ったり、部分縫いしたり。。。

地味な作業をコツコツと。

繰り返し繰り返し積み重ねていきたいそうです。

そして、わたくしはというと。。。

生地選びは私が全て1人で行って、生地合わせも私が1人で行っています。

生地が全てを決めますから慎重に慎重に。

綿100%と一言で言っても織りや、編みで表情が全く変わりますし、柄物でしたら断然ヨーロッパの生地が可愛い。

スイス、フランス、スペイン、そして北欧スウェーデン。

その柄に合わせるのは質のいい日本製の生地。

裏に合わせる生地も妥協はしません。

もうすでにLovikkaエプロンをお持ちの方はぜひ再度裏の生地も見ていただきたいです。

お洗濯で多少の使用感はあると思いますが、服地を使用していますのでお洗濯には比較的耐えられる生地を使っています。

そして、私もまだまだ日々生地、エプロンの形について勉強中。

この形にはどういう生地が向いているか、仕立てはどういう風にした方がきれいに見えるか。。。

シーズンやシチュエーションに合わせたご提案もできるように、日々色々な角度からエプロンを研究しています。

全ては皆様に喜んでいただけるように。。。

3年目突入しますが、この気持ちは絶対に忘れないようにこの記念日に毎年確認していこうと思います。




そして、今後のLovikkaの予定ですが。。。

新作が少しずつできてきています。

現在楽しいことを企画中。

また詳しく決まり次第こちらのブログでお知らせさせていただきます。



3年目に突入のLovikkaを今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


------------------------------------------------------------------------------------------ーーーーーーーー

Lovikkaネットショップhttp://lovikka.shop-pro.jp/
ネットショップにアップしてある商品は全て『apron room』でも購入できます。
『apron room』についてはこちらをご覧ください→

3月の「apron room 」オープン日  日曜日・月曜日  11:00〜19:00

3月  2日 3日 9日 10日 16日 17日 23日 24日 30日 31日


******Lovikkaお取扱いショップ様*****

*おいしい食のブティック*
Delice des Delices デリス デ デリスhttp://delicedelices.com/index.html
 facebook   https://www.facebook.com/delicedesdelices
●ホワイトデーにおすすめなアイテムお届けしています。


 


 
posted by YOKO | 23:53 | ルーヴィッカのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
おばけのアッチ。
さっきテレビでTable of Dreams 〜夢の食卓〜という番組をみました。

魔女の宅急便というフレーズにひかれてみたのですが、、、

内容は魔女の宅急便の作者角野栄子さんの食にまつわるお話し。

中に出てきた角野栄子さん作おばけのアッチ・コッチ・ソッチシリーズに大興奮。

小学生のころ夢中で読んだ本でした。




中でもアッチシリーズが大好きで、ストーリーに出てくるレシピで料理を何度も何度もしたほどです。

読書感想文にも書いたような。。。

アマゾンで大人買いしてしまおうかと眺めております。

それにしても作者の角野栄子さんなんて素敵なんでしょう。



私も大好きなピンク・赤。

歳関係ないワンピーススタイル。

このエプロンときどき雑貨Lovikkaのコンセプトでもある、理想の女性『ルーヴィッカ』おばあちゃんに何となく似てる気がして嬉しくなりました。

そういえば、お料理が好きになった原点はこのおばけのアッチシリーズだったかも。

まだ幼かった頃から読んでいた本の作者と、今の私の中の理想と、つながった気がしてまた今よりも楽しくお仕事ができそうです。

きれいに歳を重ねてこんな風に白髪になりたいと思ったのでした。

ルーヴィッカもベレー帽の中は白髪。

私もきれいな色のスカーフが似合うステキおばあちゃん目指します。
  ------------------------------------------------------------------------------------------


Lovikkaネットショップhttp://lovikka.shop-pro.jp/
ネットショップにアップしてある商品は全て『apron room』でも購入できます。
『apron room』についてはこちらをご覧ください→


リボン(ピンク)お取り扱いいただいているショップ様リボン(ピンク)

*おいしい食のブティック*
Delice des Delices デリス デ デリスhttp://delicedelices.com/index.html
大人エプロン・雑貨etc...
月に2回ほど新作をお届けします

イタリア料理教室「Tre Panche」http://tre-panche.ciao.jp/index.html
 鍋つかみ・Lovikka製作「Tre Panche」オリジナルエプロン


キッチンマニア、御用達。
tialaboティアラボ
2013年10月25日熊本市水道町にオープン (11月1日からLovikka展示会『winter collction』を行います。 詳細→

------------------------------------------------------------------------------------------
posted by YOKO | 23:45 | ルーヴィッカのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
やっと見つけました。
2月から場所を借りて、自宅製作だったのをスタジオ製作へと変わりました。

2階建てで、1階は1フロア、2階は2部屋に区切られています。

スタジオ製作始めて約2か月が経とうとしていますが、やっと慣れてきたころです。

作業台の位置次第で仕事の運びが全然違うので色々試行錯誤しながらやっと落ち着いてきました。

そして、やっと2階のLovikka作品たちが並ぶお部屋のライトを見つけました。

他の部屋にはもうとっくについていたのですが、適当に妥協しては買いたくなかったのでずっと探していました。



(hailsさんに画像お借りしました)

漏れる光がキレイで、フォルムも可愛らしく、でも甘くならない。

デンマークのユーズドで、特に真ん中のラインが黒ってのが決め手でした。

早速取り付けてみました。



このライトをベースにカーテンや家具など揃えていこうと思います。

さーがんばらなくっちゃDoCoMo

そして、、、また後日きちんとお知らせしますが、今月26日27日28日に展示販売会予定しています。

今回ももちろん主役はエプロン。

前回はカラフルだったのですが、今回はLovikkaとしては目新しいリネンや白黒ボーダーなどベーシックなエプロンも並びます。

ベーシックな中にもLovikkaらしいスパイスをちょっと効かせて。。。

5月の母の日のギフトにピッタリなエプロンもご用意しています。

詳細はまた近日中にお知らせいたしますねかお
posted by YOKO | 07:52 | ルーヴィッカのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
刺繍が空から降ってきた!
とっても素敵にサイトを作っていただいた、大畑広告準備室オオハタさんのブログで紹介していただきました。

初めお会いした時は漠然としていたイメージが、だんだん形になっていくのは それはそれは嬉しくて、

出来上がったときはなんか泣きました。



素材として使っていただいたのは、くるみボタン用に小さく刺繍した生地で

トップページは刺繍を降らせたいんですよねーって言われてたのを思いだします。



そして、出来上がったのがコチラ。

http://lovikka.me/index.html

パソコンじゃない方ぜひパソコンで見てねハート



とっても昔、NHKのプロフェッショナルという番組で、ある方が言ってしびれた言葉を思い出しました。

あなたにとってプロフェッショナルとは?

『期待にこたえるのではなく、期待を超える』


期待を超えまくったサイトを作っていただき本当にありがとうございました。

私もそんな仕事っぷり目指します。





赤と水色『Lovikka net shop』オープンしてます赤と水色
posted by YOKO | 08:00 | ルーヴィッカのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
理想の女性
このブログのタイトルの下の文にもある、理想の女性。

理想をあげればきりがないのですが、 30代今の時点私の1番の理想の女性像は、きれいに歳を重ねた『おばあちゃん』です。

具体的にあげると、 映画『マルタの優しい刺繍』のマルタや、

北欧スウェーデンの切り絵作家『アグネータ・フロック』さんです。

私もあんな風に歳を重ねれたらなーと思います。

特に、アグネータさんは昨年BSで特集されていて、その素敵な生活ぶりには心奪われまくりです。

季節を感じながら、ご主人お手製のアトリエで製作活動。

染物に使われる植物は大きな自然そのままの庭から採取し、

冬が長いスウェーデンにとって、クリスマスと同じくらい大切にされてる夏至祭では 村のみんなで夏の始まりを歌って踊って喜び合う。。。

製作の合間の『フィーカ』ティータイムはご主人が用意してくれるのです。

のんびり、ゆったり、自然と共存しながら豊かに暮らす。

お金では得られないたくさんの幸せがつまった生活でした。



今日はtialaboさん主催のお料理教室に行ってきました。

もうすぐひな祭り、メニューはちらしずし、蛤の吸い物、おひな苺(桜餅のようなかわいいピンクの苺の和菓子) でした。

日本の良さははっきりした四季で、

その四季折々の楽しみ方やお料理があって、 私ももっとこの素晴らしい日本の四季を楽しめる豊かな日々をおくりたいなーと思った1日でした。

私にとって、豊かな生活=ご機嫌な日々なのです。

そして、そんな誰かのご機嫌な日々を思い描きながら製作していきたいと思いますかお
posted by YOKO | 20:41 | ルーヴィッカのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
ルーヴィッカ
以前は『coupe』という名前で製作活動していました。

この名前もう10年ほど前に考えてつけたのですが、意味とか由来とかはありませんでした。

ただ、フランス語がいいなーと思い辞書をパッと開いて決めたのです。

もっとちゃんと考えればよかったDocomo_kao8

なので、今度はちゃんとちゃんと悩んで考えて決めようと思っていました。

実は、初めは別に候補があったのです。

『コケモモ』

なんかかわいいでしょハート

響きが好きで、北欧のお肉料理にはコケモモ(リンゴンベリー)のソースが添えられてるのが特徴だったりで、

わかる人には北欧好きなのねってわかってもらえるような。。。

なので、初めはコケモモって決めてたんです。

でもですね、、、色々調べたらこの名前結構色んな所で使われていて、なんか違うかもって思えてきたのです。

そんな時、大好きな国スウェーデンの地図から見つけた『Lovikkaルーヴィッカ

北極圏近くの小さな町らしきところの名前です。

またまた意味はなく響きがいいなーと思って決めました。 その響きから私の中に生まれたのはミセス・ルーヴィッカ

サイトを作っていただいたOさんに形にしていただきましたき ミセス・ルーヴィッカは60歳ですハート
posted by YOKO | 21:24 | ルーヴィッカのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site