お料理・北欧・洋服大好きな姉妹が提案するエプロンブランド・Lovikka(ルーヴィッカ)の日常を綴っています。


     
<< 団体戦。 | TOP | アイロン台でフィーカ。 >>
引き続き、団体戦。
当分はフィギュアネタが続きそうです。。。

昨日の女子ショートに続いて今日の男子フリー。

めちゃくちゃ集中して仕事して、仮眠取って今起きています。

それにしても、ロシアの観客は温かくないですね。。。

昨日の真央ちゃん、リプニツカヤへの歓声に佐藤コーチの声が聞えなさそうでした。

今日なんて、プルシェンコの後の町田選手の火の鳥。

あんなに素晴らしかったのに拍手少ない。

自国を応援するのはわかりますが、もう少し演技を平等に見て歓声送ってほしいなーと思いました。

代わりに私が大歓声送りたいのですが、なんせ深夜ひっそりこっそり観戦ですので静かにしています。

そんな中、本日大声出しそうになったのは、カナダ、ケヴィンレイノルズ。

いつもの寝癖風ヘアスタイルがちょっと進化して前髪くるっとしてました。

めっちゃ可愛い。

歴史上たった二人目の、3クワド認定やったーです\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

今季は怪我?でGSも出てなかったので心配でしたが、完成度高い出来に個人戦ももっと楽しみです。

個人戦でも3クワド決まるとメダル取っちゃうかも♡楽しみです。

そして、アメリカジェイソンブラウン。

全米選手権の時より緊張してたのかなー。

少し今日は堅かった気がしました。

ステップを正面から映すのはやめてほしい。。。

1番見たい足の動きが見にくく、天井カメラこそなかったけど、別アングルでみたかった。

そして、プルシェンコは集大成なフリーのプロでしたねー。

music「ベスト・オブ・プルシェンコ」の解説にちょっとうけたけど、

過去のオリンピックを思い出させる新しいような、懐かしいような不思議な気持ちでした。

そしてそして、何といっても町田選手『火の鳥』

プル様の後で滑りにくいだろうなーと思っていましたが、しっかり落ち着いて最低限のミスに抑えてきてました。

最近癖になりつつあるインタビューの町田節。

今日も名言生れましたね。

珍しく言葉詰まらせて、自分の中の弱い自分を『彼』と例え、彼と戦いが辛かったと。

でた、町田節!

そして、インタビュー後半は町田節炸裂。

SPエデンの東、FP火の鳥、プログラムへの純粋な愛をの蒼穹の舞台で!!!

インタビューで愛だなんて言った人みたことないです。

GS中だったかな?「3枠中の1枠は僕が必ずもらいます」 と言い切ったとき、ん???と思いましたが、

毎回インタビューで自信満々に言い切る言葉が頼もしく、ボキャブラリーも豊富でインタビューの内容そっっちのけで、

持論を繰り広げる姿に毎回笑わせてもらいました。

少し前までは、6人目なんて思っていましたが少しずつ少しずつ力を付けて、自力で代表掴んで、

ソチの舞台に立っている町田選手を見ながら、積み重ねて進化していくことの素晴らしさを学んでいます。

ビッグマウスは嫌いなタイプだけど、この方の言葉は何だかセンスがいいというか、こそばゆいけど心地いいような。。。

とにかく癖になります。

いよいよ来週個人戦が始まります。

完璧な演技『エデンの東』『火の鳥』も楽しみにしつつ、演技後のインタビューに答える『町田節』にも期待したいと思います。



あー、寝不足続くけど明日もお仕事がんばろー\(^o^)/


 
posted by YOKO | 02:15 | フィギュア | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog2.lovikka.me/trackback/463
トラックバック
Search this site