お料理・北欧・洋服大好きな姉妹が提案するエプロンブランド・Lovikka(ルーヴィッカ)の日常を綴っています。


     
<< アイロン台でフィーカ。 | TOP | 女子も終わりました。 >>
女子が始まる前に。。。
ソチオリンピック、フィギュアスケート今夜女子が始まります。

と、その前に長―くつぶやきます。


男子終わりましたー。

つぶやきだしたらきりがないのですが。。。

男子は見事に羽生選手の金メダル、日本中が喜んでましたねー。

私個人的には王者チャンの王者らしい演技を楽しみにしていました。

まさかの転倒、チャンも人間だったんだ。

羽生選手の金メダルは嬉しかったけど、チャンの銀メダルは似合わないと思ったのでした。

まさかのデニステン銅メダル。

バンクーバーの時はなんて幼いぼくちゃんってイメージでしたが、4年でここまで成長するんですね。

昨年の世界選手権の演技ほどはなかったけど、きれいにまとめたいい演技だったと思いました。

まっちー惜しかったなー。4回転降りてれば間違えなく銅メダルでした。

色々大変だった高橋選手はジャンプは残念だったけど、とってもいい表情で、のびのびしていたように感じました。

そして、テレビや新聞ではたいして触れませんが、この大会で引退していく選手もいます。

なかでも、プルシェンコ、ジュベール、ベルネル、アボットは1つの時代でした。

上位の選手の演技も良かったですが、私はこの去っていく選手たちの演技の方が心に残りました。

プルシェンコは本当に残念でしたが。。。

ジュベールは最後までジュベールらしく4回転降りましたねー。なんであんなに点数低いのかな?

ベルネルはずっと故障続きで、久しぶりにいい演技だったと思いました。

きれいなスケーティングでしたねー。

そして、アボットーーーーー。

ショートで転倒して、動けなくなったとき心臓がバクバクして「棄権」の二文字がうかびましたが、

その後立ち上がってからの演技は本当にすごかった。

もう、メダルは厳しいとわかったうえでのフリーでしたが、きれいにまとめたとっても素晴らしい演技でした。

アボットの演技の時には会場の空気が変わっていましたね。

バンクーバーの借りを返したい選手たちがみんないい演技だったのは本当に良かったです。

一つの時代が終わり、新しい時代が始まった今後男子フィギュアの歴史に大きく刻まれたオリンピックになったと思います。

でもやっぱり、織田選手、小塚選手の演技もこの舞台で見たかったなーと。

色んな思いが詰まったオリンピックになりそうです。

そんな中、新しい時代を感じさせる選手たちもいました。

今大会気になったのはフィリピン代表マイケル・クリスチャン・マルティネス。

マルティネスはまだまだフリーではエレメンツこなすのが精いっぱいって感じで、「演じる」域まではいっていない若い選手ですが、

今後どんなふうに成長するのかが本気で楽しみです。

なんといっても、柔軟性ある女子なみなポジションのビールマンスピン。

心持ってかれました。

羽生選手に憧れているというところにも、後々語られるキーパーソンになりそうなそんな予感がします。

プルシェンコに憧れた少年だった羽入選手が金メダルを取り、その舞台で引退を表明したプルシェンコがいながら、

前半グループにはその羽生選手に憧れるフィリピン初のフィギュアスケート代表マルティネス。

他にもミーシャ・ジーのノリノリダンスや、オリンピックで覚醒マヨロフ、リーバース。

やっぱりあのトリプルアクセルの幅はギョッとさせられるハン・ヤン、

キレキレかっこいいブレジナ、今後が1番楽しみなジェイソン・ブラウン、キスクラでの涙が悲しかったアモディオ。。。

見ごたえある2日間でした。

全日本、全米、全欧、、、予選から追ってきたかいがありました。

そして、今夜は女子。

真央ちゃん対金妍児なんてテレビは言っていますが、

真央ちゃんが戦っているのはトリプルアクセルを入れたプログラムを完璧に演じたい自分なんでしょうねー。

どんな演技になるのかなー楽しみです。

どんな結果であろうと、最後はニコニコしてる真央ちゃんがみたいな。

長ーいつぶやき失礼いたしましたm(__)m














 
posted by YOKO | 22:51 | フィギュア | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog2.lovikka.me/trackback/465
トラックバック
Search this site